Introduction

img07

カンヌで議論を呼んだ衝撃の実話

1977年、実の母親が撮影した自分の娘のヌードという触れ込みで、フランスのみならずヨーロッパや日本でも大きな議論を呼んだ写真集「エヴァ(初版タイトルは鏡の神殿)」が発売された。この写真集はまたたくまに世界中で話題となり、アメリカでは「史上最年少でPLAYBOYに載った少女」ということでセンセーションを巻き起こした。日本でも80年代にブームが巻き起こり、写真展が開催され雑誌「BRUTUS」の表紙を飾るなど、少女エヴァと母親の写真家イリナは有名な存在であった。

写真集の発売から34年がたち、被写体だった娘のエヴァ自身が脚本を書き監督したのが本作。『ヴィオレッタ』(原題「My Little Princess」は2011年カンヌ映画祭・批評家週間50周年記念映画として上映された。

劇中では本名のエヴァから、ヴィオレッタという役名に変更。ヴィオレッタはスミレの花を意味するが、娼婦を主役にした有名なオペラ「椿姫」のヒロインの名前ヴィオレッタをイメージしていることは想像に難くない。かつての自分の実体験が反映された自伝的な映画であるが、娘を愛する一方で、写真家としての名声も捨てられなくて苦しむ母親像も描いている。カンヌではヴァラエティ誌をはじめ、各雑誌や新聞で注目され大きな話題となった。

新たなフレンチロリータ誕生!

少女ヴィオレッタ役のキャスティングは難航した。数か月のオーディションを経ても、イメージに合う少女はフランス国内では見つからなかった。誰よりもこの役のことを知り尽くしているエヴァ・イオネスコ監督だからこそのこだわりであるが、ルーマニアから応募してきたアナマリアを見た瞬間、その美貌にほれ込み即決したという。10歳でこの難役をつとめることになったアナマリア・ヴァルトロメイは本作が映画デビュー。清楚で美しい少女が、ヌードモデルとなり男に媚びる妖しさを覚える。厚化粧をしナイトクラブで大人に囲まれ、次第に汚れていく様は『タクシー・ドライバー』で少女の娼婦役を演じたジョディ・フォスターを彷彿とさせる強烈な存在感を残す。母親への愛情を持ちながらも、ヌードモデルをさせられることへの強烈な反発、やがて母親から逃れたいともがく姿を熱演。本作でボンベイ国際映画祭主演女優賞を受賞。

img08

写真集のモデルだったエヴァ・イオネスコが監督・脚本

エヴァは母親のイリナ・イオネスコが撮影した写真集のモデルのほかに、女優としても60本以上の出演作がある。中でも1979年に日本で公開された『思春の森』(1977)は12歳だったエヴァが胸や局部を出してセックスシーンを演じたことでスキャンダルフィルムとなり日本でも修正されて上映された。

監督しては短編を1本しているものの長編としては本作がデビューとなる。本作は原案を書いてから10年以上の準備期間を経て2010年に撮影。時代背景やゴシック風の衣装、実体験のエピソードを忠実に再現するなど脚本も手掛けた。ボンベイ映画祭で作品賞・監督賞を受賞。2012年のセザール賞では新人監督賞にノミネートされた。

70年代のフランスを見事に再現したキャスト・スタッフ

カンヌ国際映画祭・主演女優賞『ピアニスト』(2001)、ヴェネチア国際映画祭・主演女優賞『主婦マリーがしたこと』(1988)などでフランスを代表する女優イザベル・ユペールが写真家イリナ・イオネスコに扮しモンスターマザーを怪演する。ボンベイ国際映画祭ではアナマリアと2人同時に主演女優賞を受賞。画家に扮するのはレオス・カラックス作品の常連ドニ・ラヴァン。70年代フランスのアート界の華麗な雰囲気を漂わせる衣装を担当したのはジバンシィやシャネルなどのスタイリングを担当するパリの有名スタイリスト、キャサリン・ババ。コスチュームデザイナーとしてはこれが唯一の作品。彼女の代名詞ともいえるヴィンテージ・ファーは劇中にふんだんに登場する。セザール賞で最優秀衣装デザイン賞にノミネートされた。撮影は『8人の女たち』(2002)のジャンヌ・ラポワリー。60年代のフレンチ・ポップで知られるミュージシャン・作曲家のベルトラン・ブルガラが音楽を担当している。

agnes b papabubble カンヌ映画祭を騒然とさせたフランス映画「ヴィオレッタ」。映倫問題に揺れる中、監督来日を実現し、全国公開をめざす! ヴィオレッタの映画チケット購入 映画券のネット通販